憧れのCoastal Living

築40年〜の中古マンションを低予算・簡単DIYでビーチハウス風に仕上げようとがんばるブログ。

ミニマムになれなくなった訳

それは、彼氏と同居を始めたからに他ならない。(怒)



去年の終わりから今年の冬にかけて、個人的に、断捨離ならぬ「捨て活」の祭りの時期があった。

 

10年以上ほぼ独りで住んだ家。

やたらに収納が多い家。(無いと憧れるよね、作り付け収納)

独りでは持て余す空間。(2LDK)

 

それに甘えて、随分物をふやし、捨てることを怠りました。

なんかよくわからない雑貨とか本とかCDとか、買いました。

大好きだったけど、もう飽きて見向きもしない物もありました。

同じような物が二つも三つもありました。

古いとっくに要らなくなった書類も、後生大事にごっそり保管してありました。

 

もう、本当に躊躇いなく、まだ全然普通に使える物も、感謝とともに手放した(殆どリサイクルせず、捨てた)。

 

年末、冬のせいか鬱っぽくてあんまり動けない人と会いたくない、SNSもやりたくない、メッセンジャーのやりとりもしたくない、ほっといてちょうだい、みたいな気分だったけど、捨て活始めたら、みるみるエネルギーが蘇ってきて、まさしく、空間も自分も蘇生したって感覚だった。

 

そんなことしてたら、ひょんなことから別れた彼とよりを戻すことになった。

 

そして、彼は実家に身を寄せていたんだけれど、家の都合で家を出なくてはならなくなり、いろいろ話し合った結果、彼との同居を再開することに決めた。

 

彼が物持ち(しかも、安物買わない主義)なことは知ってたけど、彼の所有物が我が家に押し寄せて来てから、私はひどく残念な気分で日々過ごさなくてはならなくなった。

 

だって、せっかく断捨離やら捨て活してスッキリして、ミニマムシンプルを目指そうとした矢先、LDに彼の所有物が入ったコンテナボックスが積まれ、大量のトレッキングやらカメラ用やらなんだかごついリュックサックが三つも四つも床にごろごろして、足の踏み場に困る事態になり、スッキリ片付いたはずのキッチンには、彼のどでかい銅の寸胴鍋を始め、こだわりの調味料の数々、大量のキッチンツールが運び込まれてしまった。

私はもう、本当に泣きたかった。

 

しかも、彼、キッチンで、自分の物優先して、私にお気に入りのIKEAのスパチュラが2本あるから1本捨てろとまで言った。

 

2本必要だから色違いで買ったのに!!

 

・・・もう、面倒臭いし、1本¥99だったから、黙って1本捨てた。

 

そんな彼は、業務用のどでかいレードル3つ、うちに蒸し器はあるのに、業務用のせいろ3つ。それから、本当に邪魔くさいのが、キッチンの作業台の1/3は場所を取ってるプラスティックビーカー。100ml〜5L計れるのまで、計6つもありやがる。。


こんなに同じような物を持ち込んで、限られたスペースのキッチンを占拠して。

 

悲しかった。

 

誰のおうちなの、ここは?

 

ここは私が所有するおうちで、あなたの納戸じゃない!!

 

って、リフォーム始めるまで思ってました。

 

リフォーム始めたら、なんか、私が彼の置き去りの所有物を自然と片付けちゃうようになった。

だって、邪魔な物は邪魔なんだもの。

 

確かに、彼に彼の所有物置き場をちゃんと作ってあげていなかったことも、彼があちこちぽいぽい勝手に物置にしちゃう原因でもあったのかもしれない。

なので、現在進行形で、彼の物を置く場所を少しずつ作り始めた。それでも、片付けられない人だから、状況は変わらないけれどね。でも、場所を作ってあげれば、私でも片付けることが出来る。

もう、グラビアにいつでも載れるような、綺麗なおうちに住む人間に私はなりたいのよう!!

 

そうはいっても、キッチンにはまだまだ彼が物を増やしたがっていて、本当に本当に、キッチン広い家買ってくださいよ・・・という感じ。

物持ちの人二人暮らすなら、整理整頓上手で捨て上手の人じゃないと、この家にはふたりじゃ快適には暮らせないよ・・・。

 

さぁ、壁塗りリフォーム終わったら、また断捨離始めなきゃ。

なんか、物持ちたがる人と一緒にいると、所有欲、自然と減るものねw

 

 

 

にほんブログ村 インテリアブログ リゾート・マリンインテリアへ
にほんブログ村にほんブログ村 インテリアブログ 狭い部屋インテリアへ
にほんブログ村にほんブログ村 インテリアブログ 部屋づくりへ
にほんブログ村